【ベルレバッハ リポート 823】基本の2番モジュール。使いやすいサイズのダブルレッグエクステンション。

Berlebach ベルレバッハ

ベルレバッハ木製三脚の中でも、最も人気のあるサイズのひとつである、リポート823

エレベーターまで使えば、約180cmまで伸ばすことのできる、3段の木製三脚です。

一番なじみやすいサイズなのかな、と思います。

ダブルレッグエクステンションは3段三脚のことで、シングルエクステンション(2段三脚)よりもコンパクトに収納することができます。

 

エレベーター機能のついた、基本の2番モジュールで、使いやすいサイズ。

人気が高いのも納得です。

まず1本欲しい場合は、823はオススメできます。 リポート 823

まずはリポート 823についてみていきましょう。

ベルレバッハリポート 823 のスペックや特徴

ベルレバッハ リポート 823 概要

重量:2.60 kg

最低高:53 cm

最高高:179 cm

耐荷重:10.00 kg

振動減衰:良い

エレベーター機能(センターカラム)の特徴

リポート823は、2番モジュール センターカラム(エレベーター)仕様で、設置後の高さ調節などがしやすいタイプの三脚です。

センターカラム(エレベーター機能)は、標準タイプで約50cm。

可動範囲は40cm前後になります。

脚とエレベーターを一番伸ばすと、180cm近い高さにまでなるので、広範囲に対応できるサイズです。

脚部はスプレッドストッパー機能により、20°、40°、60°、80°、100°で止めることができます。

センターカラムを上下逆にも取り付けられるので、使い方によっては、かなりのローアングル(地面近く)からの撮影なども可能です。

ダブルレッグエクステンションの利点

リポート823は、3段式で、収納時にはコンパクトになるため、持ち運びにも便利な造りになっています。

2段三脚よりも、クランプがひとつ多いので、3段三脚のほうがコンパクトに収納できます。

ただ、同程度の2段三脚に比べると、耐荷重が落ちます。

よく比較される、リポート222リポート322 を例に挙げてみます。

ダブルレッグエクステンション(3段三脚)の リポート823 は、耐荷重 10kg

シングルレッグエクステンション(2段三脚)の リポート222 は、耐荷重 15kg

シングルレッグエクステンション(2段三脚)の リポート322 は、耐荷重 12kg になります。

サイズもしっかり把握されてください。

リポート222 リポート322 と リポート823 の比較表もつくっておきます。

耐荷重のほか、収納時サイズや、最高高なども比較検討されてください。

品番段数収納時サイズ自重最低高最高高耐荷重振動吸収
リポート 2222段76cm2.8kg53cm159cm15kgとてもよい
リポート 8233段68cm2.6kg53cm179cm10kgよい
リポート 3222段89cm3.1kg53cm183cm12kgとてもよい

最低高がすべて53cmになっているのは、センターカラムが地面にあたってしまうからです。

センターカラムが短いものであれば、最低高は低くなりますが、最高高もその分低くなります。

そのほかのポイント

ヘッド支持部のネジは、1/4ネジか3/8ネジを選ぶことができます。

画像の三脚は3/8ネジです。

センターカラムは、ギア式のものにも変更することができます。

エレベーターはギア式のものが多くあるので、こちらに慣れている方も多いことでしょう。

 

また、リポートシリーズは、モジュールの交換ができます。

モジュール交換も難しくありませんので、モジュールを単体で別途購入されると、用途に応じて変更も可能です。

専用工具はリポート三脚共通。

1本あれば品番問わず使用可能です。

必要であれば、電話でもメールでもサポートいたしますのでご安心ください。

まとめ

ベルレバッハ リポート 823は、非常に使いやすいサイズの3段三脚です。

エレベーター機能のある2番モジュールです。

よく使われる範囲をカバーできているかと思いますので、オールマイティ―な1本を探している方には最適なのではないかな、と思います。

超望遠レンズを付けた一眼レフなどでお使いになる場合には、耐荷重を気にする必要はありますが、一般的な使用では問題ないかと思います。

耐荷重、持ち運びサイズ、伸縮範囲など、総合的に見て一番使いやすいのは、リポート 823 になるかと思います。

 

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました