【ベルレバッハ クランプ】選択肢はシングルかダブルか。よりしっかりと止めたい場合はダブルにしてください。

ベルレバッハ クランプ Berlebach ベルレバッハ
ベルレバッハ 木製三脚用クランプ

ベルレバッハのクランプは、三脚の長さを決めて固定する部品。

大きく分けて、シングルかダブルかの2択。

どちらを選択すればよいのか、ポイントを説明します。

 

ベルレバッハのクランプとは

クランプとは、脚の長さを調節し固定する部品です。

いわゆる、脚ロック部分になります。

 

一般的なアルミ三脚やカーボン三脚では、ナット式が多いと思いますが、小さい三脚ではレバー式、大きい三脚やビデオ三脚などではノブ式というロックシステムが使われていたりします。

それと同じ機能を果たすのが、ベルレバッハの木製三脚では挟み込みタイプのクランプということです。

 

 

操作自体は、かんたんで、ネジをゆるめて脚の長さを調節し、締めて止めるだけです。

木材どうしの摩擦力は高いようで、このクランプ式でもかなりしっかり止めてくれます。

 

とても重たい雲台やカメラセットを三脚に載せる場合などで、もっとしっかり止めたい、安心感が欲しい、というときにクランプをもうひとつ追加することができます。

ひとつの脚につき、クランプが2つある状態が、ダブルクランプということになります。

 

シングルとダブルの特徴と特性

基本のシステムでは、シングルクランプです。

 

ひとつだけのクランプでも、ほとんどのシチュエーションでは問題なく使用できると思います。

 

できるだけ振動を抑えたい、よりしっかりと設置したい、などの場合には、ダブルレッグエクステンションを選択してください。

 

ご注意していただきたいのは、耐荷重についてです。

 

ダブルクランプにすると、よりしっかりとした三脚になるのは間違いないのですが、どれくらい耐荷重がアップするか?などは、特にに明示されていません。

 

耐荷重のアップはないものとして、商品説明に記載されている範囲内での使用をオススメします。

 

もうひとつのご注意点は、三脚の最高高が約10㎝短くなってしまうことです。

クランプを取り付けるための幅が必要になりますので、脚をいっぱいに伸ばした際、その分短くなってしまいます。

 

ダブルクランプにされる場合は、その10cmを考慮した上で、三脚の長さ(品番)を選択されてください。

 

三脚のご注文と同時に、オプションでダブルクランプを選択されると、追加のクランプを装着した状態で納品することが可能です。

後から取り付けることもできますので、最初はシングルクランプで使用されてみて、もし不安が出てきてしまうような場合に追加するということでもよいかと思います。

 

ご使用状況に合わせてご選択ください。

 

ダブルクランプはどの三脚シリーズにでもセットできますか?

はい。ダブルクランプは、どの三脚シリーズでもセットできます。

ただし、シリーズごとにクランプの種類が異なりますので、特に、今お使いの三脚に取り付けられる場合は、シリーズを確認してご注文ください。

 

ご参考にされてください。

 

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

 

【ベルレバッハ リポート 212】リポート2段三脚の中で下から2番目のサイズ。モジュールはバネサポート式ネジがついています。
ベルレバッハの木製三脚リポートの中では、下から2番目のサイズの200番台。モジュールの種類を表す10番台は2。2はバネ式ネジの付いたカメラ台が付いているタイプです。現物を見ながら説明していきます。ベルレバッハ リポート 212...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました