【ベルレバッハのミニ三脚】一番コンパクトな木製三脚。持ち運びしやすく、特にマクロやローアングル撮影などに威力を発揮します。木製三脚の入門編としてもどうぞ。

ベルレバッハ ミニ三脚 50031 Berlebach ベルレバッハ
ベルレバッハ ミニ三脚

ベルレバッハの木製三脚の中でも、最初の1本に最適なミニ三脚。

木製三脚の良さはそのままに、コンパクトに作られたミニ三脚は持ち運びもOK

見た目のかわいさとものめずらしさで、周りの注目を浴びることまちがいなしです。

ベルレバッハ ミニ三脚 50031

木製ミニ三脚の種類

ベルレバッハの木製三脚の中で一番小さなサイズがこのミニ三脚。

大きく分けて2種類。

カメラ台が動くタイプのものと固定されているタイプのものです。

ヘッドプレートが固定されたタイプ 50031

  • 重量 : 0.68 kg
  • 収納長 : 26.0 cm
  • 最低高 : 5.0 cm
  • 最高高 : 36.0 cm
  • 耐荷重 : 15.0 kg
  • 振動吸収 : とてもよい

ヘッドプレートが固定されたタイプの三脚50031は、抜群の安定性を持っています。

コンパクトな三脚ながらも耐荷重15 kg

非常に重い機材でも支えることができます。

直接機材も置くことはできますが、基本的にはボールヘッドなどを使った方が扱いやすいかと思います。

脚部は広げることができ、その角度は20°40°60°80°及び100°まで広げることができます。

100°は水平方向よりももっと上に動く形となります。

例えば、地面近くのローアングル撮影をしたい時に、何か障害物があった時でも少しの段差なら対応できる形になります。

カメラ台までの最小高は5 cm 最高高は36 cm 

テーブルにおいての撮影や 地面近くでのローアングル撮影などに かなり使える三脚です。

何と言っても頑丈なところが魅力ですので 屋外での撮影などにはとても重宝するかと思います。

例えば、スリックの mini pro やベルボンの ウルトラ などと比べると少し大きくて重いので、持ち運びやすさは劣ります。

センターボールのエレベーターもありませんので上下の高さの調節は足の伸縮により調節をします。

ヘッドプレートが動くタイプ 50032

ミニ三脚の中でもヘッド支持部が動く50032 という三脚もあります。

  • 重量 : 0.9 kg
  • 収納長 : 29.0 cm
  • 最低高 : 8.0 cm
  • 最高高 : 40.0 cm
  • 耐荷重 : 8.0 kg
  • 振動吸収 : とてもよい

この三脚は、ヘッド支持部が各方向に25°傾けることができます。

上記の50031と同じく、脚部を20°40°60°80°及び100°まで広げることができます。

Berlebach ベルレバッハ 50032

これによりチルトヘッドなしでも地面近くでの撮影を可能にします。

ヘッド支持部が動かない50031に比べ、ヘッド支持部が動く50032は、可動域がある分、耐荷重が劣ります。

50032の耐荷重は約8キロです。

20° 40° 60° 80° 100° で開いてみました

脚部を広げた状態はこんな感じです。(50031、50032共通)

その他の選択項目

ヘッド支持部のネジは1/4ネジ3/8ネジを選ぶことができます。

カラーは6色で、基本のナチュラル それから NWブラウンTIグレーグリーンブラックカモフラージュ の計6色です。

基本のナチュラル以外は追加料金がかかりますのでご注意ください。

その他、三脚の脚先部分も選択ができます。

ラバーキャップをかぶせたラバーフィートとラバーをネジ式で上下させることでラバーかスパイクのコンバーチブルタイプの2種類です。

ミニ三脚比較表

  重量 最低高 最高高 耐荷重 振動吸収 長さ 特徴
50031 0.68 kg 5.0 cm 36.0 cm 15.0 kg とてもよい ショート ヘッドプレート 固定
50032 0.9 kg 8.0 cm 40.0 cm 8.0 kg とてもよい ショート ヘッドプレート 各方向25°
50041 1.00 kg 5.0 cm 67.0 cm 5.0 kg とてもよい ラージ ヘッドプレート 固定
50042 1.10 kg 6.0 cm 68.0 cm 5.0 kg とてもよい ラージ ヘッドプレート 各方向25°

ご参考にされてください。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました