【Belrebachのモジュール交換】ベルレバッハ UNI用三脚トップを交換

ベルレバッハ Berlebach 三脚トップ UNI用 GP+Sphinxマウント Berlebach ベルレバッハ
ベルレバッハ Berlebach 三脚トップ UNI用 GP+Sphinxマウント

ベルレバッハの三脚は、造りがうまくシステム化されています。

古い三脚であっても、順を追って確認していき部材さえ手に入れば、ご自身で交換などの作業は可能です。

先日ご依頼を受けたお客様の例を挙げながら、具体的に交換作業などをみていきましょう。

 

ベルレバッハ Berlebach 三脚トップ UNI用  GP+Sphinxマウント
ベルレバッハ Berlebach 三脚トップ UNI用 GP+Sphinxマウント

ベルレバッハ三脚の種類

これまでもお伝えしておりますが、ベルレバッハ三脚の特徴を簡単に挙げておきます。

ベルレバッハ三脚は、木製三脚を作り続けているドイツのメーカーです。

ベルレバッハ木製三脚の種類は、大きく分けて2つあります。

 

一眼レフ程度であれば、超望遠レンズをつけない限り、リポートシリーズで大丈夫です。

それでもしっかりしています。

 

それよりもっと重い機材を載せたい場合はUNIシリーズになります。

こちらの耐荷重は20kg以上。

大砲と呼ばれる超望遠レンズ、428(ヨンニッパ)、54(ゴーヨン)、64(ヨクヨン)、856(ハチゴロ)などでも、単体の重量は約5kg前後。

本体部分を含めても10kg程度に収まることが多いように思います。

耐荷重に余裕を持ちたい場合の選択肢として、UNIシリーズの木製三脚が入ってくるかという感じです。

不安に思われる方は、購入前にご相談ください。

 

トップ交換をされたい方からご相談がありました

すでにUNI三脚をお持ちのAさんからお問合せをいただきました。

UNI三脚のトップを交換したいのですが。

ズームフィックス
zoomfix

もちろん大丈夫です。

商品手配も可能です。

ただ、交換方法があまりわかりません。

ズームフィックス
zoomfix

品番がわかれば、こちらでもアドバイスができます。

ご心配されなくても大丈夫です。

その後、詳しく状況をうかがうと、現在はテレビューの経緯台用のマウントを載せて使用されているようで、今後はビクセンの赤道儀も載せかえて使っていければ、というご希望でした。

また、自力でマウントモジュール部分を外してみようとしたけれど、やり方がわからなくなってしまった、とのこと。

言葉だけでは状況は把握しづらかったので、画像を送っていただきました。

三脚トップ部分を外そうと思っているんですが

なかなか外れないんです・・・。

ズームフィックス
zoomfix

画像にあるレバーが外れない、ということでしょうか?

そうです。

ネジ山が普通のものとは違うようで、手持ちのドライバーでは回らないんです。

ズームフィックス
zoomfix

そうですね。そのネジ山は特殊なものなんです。

そのネジは回せませんが、三脚トップ部分を交換するだけでしたら、外す必要はありません。

 

Aさんが回されていたレバーは、この部分。

Aさんは、三脚トップの部材を発注する前に、自分で交換可能かどうかを試されていたようです。

 

三脚トップ部分の交換作業では、このレバーは取り外す必要はありません

正確に言うと、このレバーの頭のネジは取り外す必要はありません。

レバーを反時計回りに回していただくと、レバーが外れてきます。

それが外れると、三脚トップと、脚部とを連接している芯棒が外れるようになります。

その芯棒を抜いていただくと、三脚トップが外れる仕組みになっています。

あとは、三脚トップを乗せ換えて、逆の手順で三脚に固定していくこととなります。

作業自体は難しいことではないんですが、はじめての場合は把握が難しいと思います。

このようなところもサポートできますので、わからないところがあれば、お気軽にご連絡いただければと思います。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

 

【ベルレバッハ UNI19C】ギア付きセンターカラムと水準器のついた、軽金属マウントヘッドの木製三脚
ベルレバッハのUNIシリーズは、プロカメラマンのために開発された木製三脚。がっしりとしたつくりは、最上級な安定性を実現しています。UNI 19C は、耐荷重20kg、開脚角度をワンタッチで決められるスナップインシステムを持つ三脚です...

コメント

タイトルとURLをコピーしました