Berlebach ベルレバッハ

Berlebach ベルレバッハ

【天体観測用三脚リポートを解説】ベルレバッハ リポート三脚の天体観測用バージョン。リポート 112 アストロを使って解説します!

ベルレバッハの木製三脚リポートの中に、アストロバージョンというのがあります。アストロとは、星、宇宙といった意味を持ち、いわゆる天体観測用の木製三脚になります。通常のリポートとアストロバージョンのリポートの違いはどこにあるのでしょうか。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ リポート モジュールまとめ】リポートシリーズのモジュールの種類のまとめと、交換を実際にやってみました。

ベルレバッハ 木製三脚 のなかで、一番ポピュラーなリポートシリーズ。その特徴のひとつに、自分でモジュール交換ができることが挙げられます。そのリポートシリーズのモジュールの種類のまとめと、交換を実際にやってみましたので参考にされてください。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 1番モジュール】バネサポートネジ付きフラットプレートタイプ。リポート212を使って徹底解説します。

ベルレバッハの木製三脚リポート212。モジュールは1番タイプ バネサポート式フラットプレートのカメラ台を持つ三脚です。長さは、下から2番目のサイズの(200番台)一般的に使いやすいサイズの1番モジュール木製三脚です。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 2番モジュール】基本のモジュールはこれだ!使いやすいサイズのリポート823を使って詳細説明します。

センターカラムを持つタイプの2番モジュール。その中でも、最も人気のあるサイズのひとつである、リポート823を使って詳細を解説していきます。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 3番モジュール】レベリングボールマウントを備えた木製三脚。リポート332を使って徹底解説

ベルレバッハのリポートシリーズは、いちばん手にしやすい木製三脚シリーズ。 木製三脚の特徴と使いやすさのバランスがとてもいいんです。 リポート 332 は、耐荷重12kg、開脚角度をワンタッチで決められるストップポジションシステムを持つ三脚で...
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 4番モジュール】センターポールとレベリングボールの2つの機能をあわせ持つ。不整地や現場の状況がわからないときなどでの撮影には便利。

センターカラムとレベリングボールをあわせもつ、ベルレバッハ木製三脚 リポート242。エレベーターで上下の調節ができ、レベリングボール最大30°まで傾けることができる2段三脚です。現場の状況にあわせて水平出しを行いやすい三脚です。※4番モジュール
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 0番モジュール】リポート三脚の中でも、コンパクト・シンプル機能。リポート703の特徴などを解説します。

ベルレバッハの木製三脚の中でも、コンパクトでシンプルな機材支持部0番モジュールを持つ703。木製三脚の中でも最もコンパクトな三脚のひとつです。ミニ三脚同様、こちらも入門用としては価格もお手頃です。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 5番モジュール】パン・チルトができるマウントの付いた、安定感のあるヘッド付リポート。リポート152を使って徹底解説!

ベルレバッハのリポートシリーズは、手軽に木製三脚を楽しめるシリーズ。パン/チルトヘッド (5番) モジュールは、カメラプレート 80 x 50 mm のついた、高さ 約 9cm の2ウェイヘッドモジュールです。リポート 152 は、耐荷重5kg、ストップポジションシステム付き三脚。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハのミニ三脚】一番コンパクトな木製三脚。持ち運びしやすく、特にマクロやローアングル撮影などに威力を発揮します。木製三脚の入門編としてもどうぞ。

ベルレバッハの木製三脚の中でも、最初の1本に最適なミニ三脚。木製三脚の良さはそのままに、コンパクトに作られたミニ三脚は持ち運びもOK。見た目のかわいさとものめずらしさで、周りの注目を浴びることまちがいなしです。
Berlebach ベルレバッハ

【ベルレバッハ 双眼鏡サポートを徹底レビュー】双眼鏡で天体観測したい初心者ならコレに決まり!

双眼鏡で天体観測をしたい方に使ってみてほしい双眼鏡サポート。三脚に載せることでしっかりと安定するため、じっくりと観測することができます。