【ベルレバッハ リポート 152】パン・チルトができるマウントの付いた、安定感のあるヘッド付リポート

ベルレバッハ リポート 152 Berlebach ベルレバッハ
ベルレバッハ リポート 152 木製三脚

ベルレバッハのリポートシリーズは、手軽に木製三脚を楽しめるシリーズ。

バリエーションも多いため、自分に合ったものが見つかりやすいです。

リポート 152 は、耐荷重5kg、開脚角度をワンタッチで決められるストップポジションシステムを持つ三脚です。

Berlebach(ベルレバッハ) 木製 三脚 Tripod Report リポート 152/520

リポートシリーズについて

Berlebach ベルレバッハのリポートシリーズは、用途にあわせ、10種類のモジュールを取り換えられる木製三脚です。

基本的なモジュールは、ご注文時に選択することになりますが、別途モジュールを購入すれば、ご自身で取り換えることができます。

交換方法もさほど難しいものではないですので、このあたりはアドバイスさせていただきますのでご心配いらないかと思います。

リポートシリーズの最大耐荷重は18kg

脚の長さやモジュールの種類によって耐荷重は変化いたしますが、一番短いサイズで、フラットプレートモジュールを選択すると、耐荷重は、18kgになります。

最も小さい耐荷重は、2ウェイチルトヘッドモジュールの5kg。

これはチルトヘッドの耐荷重が5kgということなので、三脚の性能とは直接関係ありません。

耐荷重5 ~ 18 kg までで問題ないようでしたら、リポート三脚も検討していただければと思います。

ベルレバッハ リポート 152 の詳細解説

Berlebach(ベルレバッハ) 木製 三脚 Tripod Report リポート 152/520

リポート152 は、パン/チルトヘッドのシステム、5番モジュールの付いた木製三脚になります。

載せている画像のカラーは、ナチュラルになります。

最小長:12cm

最大長:96cm

自重:2.6 kg

耐荷重:5 kg

パン/チルトヘッドが、三脚に組み込まれたようになりますので、がっしりとした安定感が感じられます。

三脚自体の耐荷重性はかなり高いものになりますが、パン/チルトヘッドの性能により耐荷重 5kg という数字になっております。

たとえば、同じ脚をつかったセンターカラム付 122 の耐荷重は 18kg になっています。

木製三脚の安定感を求められるようでしたら、モジュールを変更する、もしくは別のヘッドを検討するとよいかと思います。

Berlebach(ベルレバッハ) 木製 三脚 Tripod Report リポート 152/520

ネジは、選択式で、3/8ネジ、1/4ネジ、どちらにも変更可能です。

リポート三脚共通の特徴でもありますが、三脚の広がりをワンタッチで停止させる機能である、ストップポジションシステムが付いています。

モジュール近くに、溝が切られているのですが、そこにはまるまで、脚を広げていくだけで、20° 40° 60° 80° 100° の角度に自動的に止めることができます。

急いで準備しなければならない現場などでは非常に役に立ちます。

パン/チルトヘッド (5番) モジュールは、カメラプレート 80 x 50 mm のついた、高さ 約 9cm の2ウェイヘッドモジュールです。

チルト方向の可動域は、-40° ~ +90°

壊れにくい雲台として評判のモジュールです。

ベルレバッハ 木製三脚 リポート 703 カラー

カラーは6色から選ぶことができます。

ナチュラル以外は追加料金がかかります。

ご注意ください。

リポート152 を基本に見て、選択の方法を探ります

リポート152 から、モジュールの選択や長さによって品番がどのように変わっていくか見てみます。

リポート 152 の 特徴 まとめ

・長さ:12 ~ 96 cm

・パン/チルトモジュール(5番)

・段数 2 (シングルレッグエクステンション)

・ストップポジションシステム付き

 (すべてのリポート三脚に採用)

Berlebach(ベルレバッハ) 木製 三脚 Tripod Report リポート 152/520

リポート 152 の、最初の数字 1 は、長さを表しています。

リポート 152 が一番短いサイズの三脚ですので、リポート 252 → リポート 352リポート 452 の順でだんだん長くなっていきます。

次に、リポート 152 の、真ん中の数字 5 に注目すると、これはモジュールの番号になります。

”5” は、パン/チルトヘッドモジュールを意味しています。

このモジュールを、センターカラム(2番)に変更したい場合、リポート122 となります。

モジュールを、バネ付きフラットプレート(1番)に変更したい場合には、リポート112となります。

リポート 152 の、最後の数字 2 は、三脚の段数を表しています。

ベルレバッハの三脚には、2段(シングルレッグエクステンション)と3段(ダブルレッグエクステンション)がありますが、リポート 152 は2段(シングルレッグエクステンション)になります。

リポート 100 ~ 400 番台 は、2段三脚、

リポート 700 ~ 900 番台 は、3段三脚と決まっていますので、

リポート100番台の末尾は、”2”のみしかありません。

ですので、リポート 153 という品番は存在せず、パン/チルトヘッドモジュールで3段(ダブルレッグエクステンション)三脚が欲しい場合、リポート 753リポート 853リポート 953いずれかを選択することになります。

このように、長さ、モジュール、段数に分けて欲しい三脚を選んでいただけたら、と思います。

参考にされてください。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

【ベルレバッハ リポート 212】リポート2段三脚の中で下から2番目のサイズ。モジュールはバネサポート式ネジがついています。
ベルレバッハの木製三脚リポートの中では、下から2番目のサイズの200番台。モジュールの種類を表す10番台は2。2はバネ式ネジの付いたカメラ台が付いているタイプです。現物を見ながら説明していきます。ベルレバッハ リポート 212...

コメント

タイトルとURLをコピーしました