【ペリカンケース 1040】Pelian case マイクロケース はどんなことに使えるのか?

Pelican ペリカンケース

小型の繊細な部品からスマートフォンまで、Pelican製の防水性、防塵性、耐衝撃性のあるMicro Caseで、あなたの機材を保護してください。

——————————————————-

 

ペリカンケース 1040 マイクロケース Pelican case

 

——————————————————-

ペリカンケース マイクロケース 共通の特徴

——————————————————-

ペリカン マイクロケースとは、1000番台の比較的小さなケースです。

 

ペリカンケース マイクロケース Pelican case

 

小さいながらも、ペリカンケースの名が付くだけあって、高い性能を持つ小物ケースです。

 

ペリカンケース Pelican 1060 マイクロケース

 

・30分間1メートルの水の下で沈めることができる
・クリアやカラーなど多数ラインナップ
・防水、つぶれ防止、防塵
・自動均圧バルブ付
・カラビナ付
・イージーオープンラッチ
・ラバーライナーはOリングを兼ねています
——————————————————-

IP67テスト​

——————————————————-

ペリカンケース マイクロケース各種は、IP67というテストをクリアしています。

 

防水・防塵性能を表わす際に使われる試験方法のIPテスト。

製品の防塵性、および防水性をテストするものです。

 

IP(International Protection)

IP67でいうと、数字6のほうが、クリアした固形物の侵入テストの等級です。

数字7のほうが、クリアした防水テストの等級です。

 

ですので、IP67というのは、固形物の侵入テスト6等級と防水テスト7等級をクリアしましたよ!っていう記号になります。

 

固形物の侵入テスト6等級というのはどういうものなのか。

耐塵形:粉塵が内部に侵入しない

 

防水テスト7等級というのはどういうものなのか。

規定の圧力及び時間で水中に浸漬しても影響を受けない

 

ざっくりいうと粉じんなどは中に入りません。

一定時間、水中に漬けても水は侵入してきません。

という意味の記号になります。

 

固形物の侵入テストに関しては一番上のレベル

防水テストについても、上から2番目のレベルの試験をクリアしているので、普段使いでは影響を受けないと考えていいかと思います。

 

ペリカンケース Pelican 1040 マイクロケース 2

 

ただし、あくまでも目安ですので、実際の使用時には自己責任が付きまといます。

くれぐれもご注意ください。

 

——————————————————-

ペリカンケース 1040 のサイズ

——————————————————-

内寸:16.5×9.8×4.4 cm

外寸:19.1×12.9×5.4 cm

上蓋の深さ:1.8 cm

底の深さ:2.4 cm

合計の深さ:4.1 cm

重量:0.3キロ

本体:ポリカーボネート(PC)

ラッチ:キシレックス

Oリング:熱可塑性ゴム

最小温度:-23°C

最大温度:93°C

 

多くのスマホは収納することができます。

iPhone XS Max で、縦がギリギリのサイズ。

横と厚みは問題ありません。

 

iPhone XS Max は、6.5インチディスプレイ

iPhone 6s Plus は、5.5インチディスプレイ

 

タブレットではなく、一般的にスマホと呼ばれるサイズは、この1040でほとんどまかなえると思います。

 

ご参考にされてください。

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました