【ペリカンケース 1040 モッシーオーク】ペリカンケース マイクロケースの迷彩デザイン。廃番商品なので手に入りにくい。

ペリカンケース 1040 モッシーオーク Pelican ペリカンケース
ペリカンケース マイクロケース 1040 モッシーオーク

ペリカンケース マイクロケースの中でも、真ん中くらいのサイズの1040。

1040には、モッシーオークという迷彩デザインがありました。

迷彩が好きな人や趣味がサバゲ―の人たちには、今でも人気が高いです。

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク

—————————————————–
≪PR≫

ソニー(SONY) α7RIII ボディ(レンズ別売) ILCE-7RM3 ミラーレス一眼カメラ ミラーレスカメラ

≪PR≫
—————————————————–

——————————————————-

モッシーオークデザインのペリカンケース

——————————————————-

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_1

ペリカンケースの中には、モッシーオークのデザインがありました。

ありました、と書いたのは、すでに販売終了となっているからです。

 

ペリカンケース1020 1040以外にも、ストームケースにもありましたね。

米軍が戦闘地域で使用したり、日本でもサバイバルゲームなどで要望は高く、商品が廃番になった今でも、お問い合わせはまあまあな数、あっています。

ただ、最近ではブラックなどがそのポジションの代役をしているのかな、と思います。

 

それほど大きくないケースですので、ダーク系の色合いだったらそんなに目立たないんじゃないでしょうか。

廃番になってはいますが、いろいろな販売店が、在庫している商品を、時々放出してくれるので、タイミングがよければ、手配することも可能なので、もし欲しい方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

——————————————————-

モッシーオークの特徴

——————————————————-

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_2

モッシーオーク(Mossy Oak)は、カモフラ柄のブランドのひとつ。

1986年創業から、迷彩デザインの会社として始まって以来、現在では、いろんなアウトドアグッズを販売しています。

 

ハンターの方々や、アウトドアを楽しむ人々に、自然に溶け込むデザインを提供するだけでなく日常生活の中でも、大自然を愛するシンボルとして、ファッションの一部となっています。

自然を愛し、守り、共存し、動物を狩猟し、木を植える。

その情熱を、ほかの人々と共有できるよう、自然に関する幅広い分野で貢献している会社。

 

そのモッシーオークが、ペリカンケースと組んで出した商品が、ペリカンケース 1020 モッシーオークであり、ペリカンケース 1040 モッシーオークだったのです。

 

モッシーオークの意味は、”苔むしたオーク材”。

 

ペリカンケース 1020 1040 には、”Break-Up Country”という、迷彩パターンを用い、固体それぞれで図柄が違います。

一つ一つ個性的なデザインパターンになっているわけです。

 

 

——————————————————-

ペリカンケース 1040 モッシーオークのバージョン

——————————————————-

ペリカンケース 1040 モッシーオークには、大きくわけて2つのバージョンがあります。

前期型のバージョン1と、後期型のバージョン2としておきます。

 

これらのバージョン間では、大きく3点が異なります。

 

◎バージョン 1

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_3

 

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_4

 

まず、前期型バージョン1ですが、ケース横についているのが、ひもです。

 

 

 

◎バージョン 2

 

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_5

 

Pelican(ペリカンケース) 1040 マイクロケース モッシーオーク_6

 

後期型バージョン2になると、それがカラビナに代わっています。

 

 

次に、ケース内部にあるライナーの形状です。

バージョン1がスクエアなのに対し、バージョン2では、壁面が波型に加工されています。

 

おそらくバージョン2のほうでは、よりクッション性を高めるために、そのような形状にしたのかと思われます。

 

 

 

最後は、エンブレムの位置です。

正面向かって、右寄りか、上部真ん中になります。

 

このケースは、防水機能には、Oリングを使用していません。

ライナーがラバー製になっていますので、上蓋がラバー製ライナーに密着することで、防水性を得るような形状になっています。

 

これは、モッシーオークのケースだけではなく、1040含め、マイクロケースと呼ばれるラインナップはすべて同じ仕様になっています。

ご参考にされてください。

 

 

 

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました