【ペリカンケース 1510M】オフロード仕様の1510 プロテクター モビリティケース 機内持ち込み不可です

ペリカンケース 1510M プロテクターモビリティケース 大型ローラーキャスター付き Pelican ペリカンケース
ペリカンケース 1510M プロテクターモビリティケース 大型ローラーキャスター付きは、悪路の多い屋外出張などの際に便利

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

ペリカンケース 1510 は、機内持ち込みができるサイズのローラーキャスター付きハードケース

機材収納用だけでなく通常のキャリーケースとしても使われているようで、ケースのみ、フォーム付、ディバイダー付、各種とも高い人気を誇っています

その中でも特殊なタイヤを持つ1510Mについて詳しく見ていきます

 

 

Pelican ペリカンケース 1510M モビリティケース

Pelican(ペリカンケース) 1510M

 

——————————————————-

ペリカンケース共通の特徴

——————————————————-

1976年にペリカンケース プロテクターシリーズが発売されてから、保護を必要とする精密機器などの多くには、ペリカンケースが選ばれてきました。

 

頑丈に作られており、極寒、灼熱、地球上のあらゆる環境においても、ペリカンケースは耐えうる設計になっています。

 

Made in USA のペリカンケースは、空気圧を均等にする自動パージバルブ、防水シリコンOリングのふた、オーバーモールドされたラバーハンドル、そしてステンレス製の金具を用い、作り上げられています。

 

大まかな特徴を挙げてみたいと思います。

 

・耐水性、防塵性、つぶれに強いハードケース

・自動気圧調整バルブ 付

・ラバーで覆われたハンドル

・簡単に開閉が可能な、ダブルスローラッチ

 

スモールケース(1120~)、それより大きなサイズは上記のような特徴を持っています。

 

——————————————————-

通常のペリカンケース 1510 の特徴

——————————————————-

ペリカンケース 1510 だけでみると、上記で挙げた特徴のほかに

・飛行機内に持込できる最大サイズ

・ステンレスベアリングを備えた、頑丈なポリウレタンホイール

・引き込み式延長ハンドル

 

ホイールとハンドルは、多くのローラーキャスタ―付キャリーケースに採用されています。

 

サイズ

内寸 : 50.2 x 27.9 x 19.3 cm

外寸 : 55.9 x 35.1 x 22.9 cm

上蓋の深さ : 4.5 cm

ケース部分だけの深さ : 14.7 cm

フォーム付ケースの重さ : 6.2 kg

ケースのみの重さ : 5.4 kg

本体:ポリプロピレン

ラッチ:ABS

O-リング:ポリマー

フォーム:ポリウレタン

調整バルブボディ:ABS

最低温度:-40°C

最大温度:99°C

ホイール数:2

 

特徴のひとつに飛行機内に持ち込めるサイズ と書かれてありますが、これはFAAのガイドラインに沿ったサイズです。

 

FAAとは米連邦航空局のこと。

 

そのFAAのガイドラインに沿った機内持ち込み可能サイズは、45リニアインチ(バッグの高さ、幅、奥行きの合計)となっています。

 

45インチをセンチに直すと、約114.3cm

 

114cmを下回れば、機内持ち込み可能ということになります。

 

外寸を足してみますと

55.9 + 35.1 + 22.9 = 113.9

 

素晴らしくギリギリのサイズ設定です。

 

ただし、それぞれの航空会社の規定が優先されます。

 

JALとANAのサイズを記載しておくと

 

JAL

 

飛行機の座席数 路線 サイズ 合計重量
100席以上 *1 JAL・JTA 合計:115cm 以内
55cm × 40cm × 25cm以内
10kg以内
100席未満 *2 JAL・JAC・
RAC
合計:100cm 以内
45cm × 35cm × 20cm以内
  • *1773/772(777)/787/789/767/734/738(73H)
  • *2E70/E90/SF3/DH4/DH3/DH1/ATR

 

 

ANA

  • 100席以上3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内(55cm × 40cm ×25 cm以内)
  • 100席未満3辺(縦・横・高さ)の和が100cm以内(45cm × 35cm × 20cm 以内)

総重量10kg以内

  • ※身の回り品を含めた総重量

 

100席以上の航空機には持込が可能となるようです。

100席以上とは、787や777といったジェット機中心。

 

離島や近距離を飛ぶプロペラ機などは持込不可となるようです。

 

そのほか、10kgという重量制限がありますので、そこもクリアする必要があります。

 

ケースの重さが約5kgですので、中には5kg程度入れられる計算になります。

 

パッキングの時に計算していく必要がありそうですね。

 

ご注意ください。

 

——————————————————-

ペリカンケース 1510M モビリティケース の特徴

——————————————————-

上記のことを頭においたうえで、ペリカンケース 1510M を見ていきます。

 

サイズ

内寸 : 50.2 x 27.9 x 19.3 cm

外寸 : 59.8 x 36.5 x 27 cm

フォーム付ケースの重さ : 8.1 kg

ケースのみの重さ : 7.4 kg

 

外寸を足してみますと

59.8 + 36.5 + 27 = 123.3

 

機内持ち込み可能サイズ 114cmを、10cm近くオーバーしております

残念ながら、1510Mは機内持ち込みはできません。

 

直径 約10.2cm x 幅 3.8cmの、頑丈なポリウレタン製ホイールとステンレススチールベアリングは非常に魅力的です。

 

悪路や少々の段差であっても軽々持ち運ぶことができます。

 

いろんな現場に機材を持ち込んだり、現状の1510では、ローラーキャスターが引っ掛かるなど気になるようなところがあれば、1510 M を検討されてもいいかと思います。

 

 

ご参考にされてください。

 

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました