【マイクブーム Cavision SGP525F】ミックスファイバー ブームポール トップ固定

cavision SGP525F ブームポール Cavision キャビジョン
cavision SGP525F ブームポール マイクブーム

少し前にもCavisionのブームポールについて書きましたので少し追加を。

今回は固定トップ仕様であるSPG525Fを取り上げてみます。

違いが少しでもお伝えできればうれしく思います。

以前書いた記事も参考にされてください。

【マイクブーム Cavision SGP525R】

——————————————————-

Cavision ミックスファイバー ブームポール SGP525F


Cavision(キャビジョン) SGP525F ミックスファイバーブームポール 固定トップ No1

Cavision(キャビジョン) SGP525F ミックスファイバーブームポール 固定トップ No2

先日のブログ記事では、SGP525Rを基に、いろいろと派生して書いてみましたが、内容が分かりにくい、というご指摘も受けました。

今回は、SGP525FSGP525R を用いて、その違いを今一度見ていきたいと思います。

この、Cavision SGP525Fは、5段のミックスファイバー製で、65cm ~ 250cm 550g のブームポールになります。

Cavision(キャビジョン) SGP525F ミックスファイバーブームポール 固定トップ No3

耐荷重は 1.5kg トップ部分は固定されており、キャノンケーブルは、外側に巻き付けるタイプです。

トップが固定されているので、キャノンケーブルを中に通すことができません。

Cavision(キャビジョン) SGP525F ミックスファイバーブームポール 固定トップ No4

インナーケーブル化しないと決められている方は、こちらのほうが扱いやすいと思います。

Cavision(キャビジョン) SGP525F ミックスファイバーブームポール 固定トップ No5

トップが取り外し可能な、SGP525Rになると、基本的には、キャノンケーブルは外巻きなんですが、場合によっては、ケーブルを中に通すこともできますよ、というタイプです

後々、ケーブルを中に通すかもしれないな、という方に適している仕様です。

Cavision キャビジョン SGP525FとSGP525Rの違い

——————————————————-

少し重さが気になる方はカーボン仕様も検討されてください

——————————————————-

SGPシリーズは、合成素材のブームポールで、SGP525FSGP525R(2.5mタイプ)の自重は550g。

この重さを、重いとみるか、軽いとみるかは、それぞれの感覚によるかと思います。

では、同じサイズのブームポールで、素材を、合成素材 → カーボン(SCPN525R) に変更した場合、550g → 490g になります。

数字だけ見ると、たった60gなんですが、この60gを甘く見てはいけません。

現場では、長時間の仕事もありますし、一瞬を争う場面もいつ何時起きるかわかりません。

プロである以上、どんな状況であっても、最高のパフォーマンスを追求しなくてはなりません。

できるだけ身軽に素早い動きができるよう、準備していくのはとても大事なことだと思います。

ただ、値段が・・・・・2倍超えてしまいます・・・

コストと効果をどう判断するか、悩ましいところですね。

ご参考にされてください。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました