【Cavision SGP630F】キャビジョン ミックスファイバーマイクロフォンブーム SGP630F。70cm~3mまで使えます。

Cavision SGP630F マイクブーム Cavision キャビジョン
Cavision SGP630F は、6段のミックスファイバー製ブームポール

以前は、固定トップ仕様であるSGP525Fを取り上げました。

なかなか好評でしたので、今回は同じシリーズのサイズ違い SGP630Fを見ていきます。

固定トップ仕様は同じですが、段数と長さがちがいます。

Cavision(キャビジョン) SGP630F ミックスファイバーブームポール 固定トップ(6段階/70~300cm)

キャビジョン ブームポール の特徴

この、SGP630Fは、6段のミックスファイバー製で、70cm ~ 300cm 660g のブームポールになります。

Cavision(キャビジョン) SGP630F ミックスファイバーブームポール 固定トップ(6段階/70~300cm) 1

耐荷重は 1.5kg トップ部分は固定で、キャノンケーブルは、外側に巻き付けるタイプです。

ヒールの部分には、ケーブルを通す穴が開いていますが、トップが固定されているため、実際には内部にケーブルを通すことができません。

Cavision(キャビジョン) SGP630F ミックスファイバーブームポール 固定トップ(6段階/70~300cm) 2

外巻き専用のブームポールです。

このSGP630Fのシリーズには、固定トップのものしかラインナップされていないため、トップ部分を取り外し可能なものへの変更はできません。

トップ部分を変えたい場合は、違う品番の中から選ぶ必要があります。

同じサイズで、素材をカーボンに変えたい場合は、SCPN630F という品番になります。

重さが 550g と、110g軽くなり、耐荷重も2kgまで上がります。

Cavision SGP525F との比較

2.5m~3mくらいまで伸ばせるサイズがとても人気があります。

今回は、2.5mまで伸ばせる、SGP525FSGP630F を比べてみます。

Cavision(キャビジョン) SGP630F SGP525F

全体像です。

SGP525F のほうが。最短寸が5cm短いので、並べてみても若干短いです。

手元の径の太さは同じです。

SGP525F に一段分プラスしたのが、SGP630F ということになります。

SGP630Fの最後の一段に、小さめの径のポールがプラスされているという作りのようですね。

Cavision(キャビジョン) SGP630F SGP525F 2

トップとヒールとインナーケーブルの関係

SGPシリーズは、ミックスファイバーのブームポール。

カーボンに比べると、1〜2割程度重くなりますが、現場での評判も高い、コストパフォーマンスに優れたシリーズなります。

6段の、最大伸長が3.0mのSGP630。

末尾Rタイプは、インナーコード化がしにくい作りになっていることを考えると、末尾Fタイプのみであっても、特に問題はないかなと。

Cavision(キャビジョン) SGP630F ミックスファイバーブームポール 固定トップ(6段階/70~300cm) 3

ちなみに、末尾Rタイプは、リムーバブルトップになっていて、インナーケーブル化できるのですが、キヤノンケーブルをそのまま細い穴から出す必要があります。

先ほどの画像ですね。

Cavision(キャビジョン) SGP630F ミックスファイバーブームポール 固定トップ(6段階/70~300cm) 4

XLRコネクタは、その出したケーブルに取り付ける形になります。

あまり利便性はよくないです。

どうしてもインナーケーブル化されたいのでしたら、末尾R-P品番の中からチョイスされてください。

例えば、これです。

Cavision(キャビジョン) SGP525R-P ミックスファイバー ブームポール 取外可能トップ(5段階/65~250cm)

またあらためて解説していきますね。

ご参考にしていただけたら幸いです。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました