【ポータブレイス オーディオハーネス】ミディアムデューティー用 オーディオハーネス AH-2.5。ちょっとクッション性高いです。

ポータブレイス Porta Brace オーディオハーネス AH2.5 Porta Brace ポータブレイス
ポータブレイス オーディオハーネス AH2.5

ミキサーバッグなどに使用されるオーディオハーネス。

長時間のロケなどでは、あるとかなり便利です。

今回は、真ん中グレードのAH-2.5を取り上げてみます。

 

Porta Brace(ポータブレイス) パッドストラップ付オーディオハーネス AH-2.5

——————————————————-

オーディオハーネスの役割

——————————————————-

オーディオハーネスは、ポータブルミキサーやレコーダーなど、オーディオバッグを長時間担ぐときなどに便利なアイテムです。

オーディオバッグの種類にもよりますが、基本的には、ショルダーストラップで持つことが多いです。

 

ショルダーストラップ以外では、ポータブレイスにある、背中でたすき掛けしたような、オーディオハーネス AH-2H など がよく使われています。

 

Porta Brace(ポータブレイス) オーディオハーネス AH-2HB ベルトなし

 

——————————————————-

オーディオハーネス AH-2.5

——————————————————-

今回取り上げる、オーディオハーネス AH-2.5 は、ミディアムデューティーの快適なパッド入りショルダーストラップです

上述した、AH-2Hの、もうひとつ上のグレードの商品になります。

 

Porta Brace(ポータブレイス) パッドストラップ付オーディオハーネス AH-2.5

 

特徴としては、肩周り、腰回りが調整でき、身体にあたる部分の素材は、空気を通すメッシュライナーを採用しています。

快適なクッションパッドがありますが、できる限り軽量化されているため、それほど重さは感じません。

 

カタログ表記で680g

ミキサー、ワイヤレス、レコーダーなど、複数の機材を持ち運ぶときには、バッグはかなりの重量になります。

 

持ち運びの際、できるだけ快適になるように、肩・胸・背骨に沿ってクッション材が入っているため、身体への負担を少なくしています。

 

特に、肩回りのクッションは、非常に楽です。

ハーネスの前面には、強くて丈夫なフックも付いています

 

AH-2Hでは、肩周りをサポートはクッションが薄いため、長時間の使用には、少々たよりない感じです。

 

より、がっちりサポートして、身体の負担を軽くするためには、AH-2.5のほうをオススメします。

 

AH-2Hのいいところは、コンパクトで気軽に持ち運べる点。

機動性を重視されるようでしたら、AH-2Hのほうがいいでしょう。

 

少し快適性を求める場合には、AH-2.5ですね。

 

さらに、もうワンランク上の商品ということになると、ヘビーデューティーオーディオハーネスである、AH-3Hという商品があります。

 

Porta Brace(ポータブレイス) ヘビーロードハーネスMサイズ AH-3H-MEMM

こちらは、かなりがっちりと、肩と腰周りをサポートしてくれます。

AH-3Hは、かなりゴツイです。

 

特に、腰回りのぶ厚さはすごいです。

もちろんクッション性には問題ないので、快適性はありますが、その分重量も少し重くなっています。

約 1.18 kg

 

このあたりをどう判断するかですね。

 

まとめ

現在、AH-2Hを使われていて、他のものを試してみたい方、また、長時間機材を持ち運ぶ必要性がある方などには、AH-2.5はオススメできるかな、と思います。

 

中間的な、快適さと、それほど重くないオーディオハーネスとしてAH-2.5

中途半端ですけど、いいとこ取りしていると考えれば、いい選択だとも思えます。

 

もっと快適性を求める場合には、AH-3Hシリーズをご検討ください。

クッション性は高いですが、かなり重量がありしっかりしています。

 

参考にされてください

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

 

【ポータブレイス オーディオオーガナイザー AO-4】AOシリーズの中でも、少し違った特徴を持ったオーディオケースです
ポータブレイスのオーディオオーガナイザーシリーズ AO。 その中でも、AO-4は少し特徴のあるつくりになっています。 比較しながら見ていきたいと思います。 -------------------------------...

コメント

タイトルとURLをコピーしました