【ペリカンケース 1447】トップローダーケースの1440。オフィスディバイダー付1447も人気が高いです。

ペリカンケース 1447 プロテクタートップローダーケース Pelican ペリカンケース
ペリカンケース 1440は、縦型タイプの大型ハードケース。ローラーキャスター付き。1447はオフィスディバイダー付き。

縦型ケースの代表的なケースである、ペリカンケース1440。

今回のペリカンケース1447は、1440にオフィスディバイダーのついた商品です。

別途購入した場合の取り付け方も説明しています。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1447 ODグリーン オフィスディバイダー付 1440

 

 

—————————————————–
≪PR≫

パナソニック LUMIX GH5S【ボディ(レンズ別売)/ミラーレス一眼カメラ】 DC-GH5S-K

≪PR≫
—————————————————–

 

——————————————————-

ペリカンケース 144 の特徴

——————————————————-

ペリカンケース1440は、Toploader トップローダーケース1440のオフィスディバイダー付ハードケース 1447になります

 

Pelican(ペリカンケース) 1447 ODグリーン オフィスディバイダー付 1440 1
このケースの大きな利点は書類が収納できるというところです。

書類などを収納する専用のディバイダーが付いているので、保護して持ち歩くことができます。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1446 オフィス用ディバイダー&リッドオーガナイザー 1440用 1
 

1440を持たれている方は、単品でオフィスディバイダーセットを購入し交換することも可能ですし、その交換方法は簡単です。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1446 オフィス用ディバイダー&リッドオーガナイザー 1440用 2
オフィスディバイダーセットに交換した後も、それまでに使われていたウレタンフォームセットを入れ替えることができ、状況によって使い分けることができます。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1441 交換用フォームセット 1440
ペリカンケース1440のふた裏は、ウレタンのでこぼこしたフォームなんですけれども、これが1447になると小物やアクセサリーが入れられるファスナー付ポケットが付いたリッドオーガナイザーになります。

 

このリッドオーガナイザーは、取り付けの際ビス止めが必要です。
ビス止めといっても、あらかじめ切ってあるネジ山に、ネジを取り付けるだけなので簡単です。

 

リッドオーガナイザーのほうにも取り付け穴が開いていますので、迷うことはありません。

ビス止め位置は、計6カ所。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1449 オフィスリッドオーガナイザー 1440用

 

外側上部両端2か所は、穴が見えますが、残り4か所は、ポケットの内部にあります。

ポケットのファスナーを開けて開いてビスを取りつけていきます。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1447 ODグリーン オフィスディバイダー付 1440 2
 

Pelican(ペリカンケース) 1447 ODグリーン オフィスディバイダー付 1440 3

 

 

 

 

軽くビス止めすることで、取り外しがしやすいようにしてもいいですが、ネジの頭が出っ張ってしまいますので、やはり、しっかり取り付けたほうが、ポケット内も有効活用できそうです。

リッドオーガナイザー部分を、波型ウレタンフォームに今後変更されないのであれば、しっかり締め付けていただくほうがいいと思います。

 

Pelican(ペリカンケース) 1447 ODグリーン オフィスディバイダー付 1440 4
6か所ビス止めしたら完了です。

 

 

同じような形でサイズの小さいケースとして、ペリカンケース1430があります。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1430 デザートタン フォーム付

 

こちらにはローラキャスターおよび、伸縮ハンドルは付いていません。

 

あまり大きなサイズではなく、手持ちでも問題ないようでしたら、ペリカンケース 1430(オフィスディバイダー付は 1437)も検討されてください。

 

 

Pelican(ペリカンケース) 1437 デザートタン オフィスディバイダー付 1430

 

商品選定のご参考にされてください

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました