【ペリカンケース 1120 と 1150 を徹底比較】プロテクターケースの小さいほうから2商品を比べてみました

ペリカンケース 1120 1150 Pelican ペリカンケース
Pelican case 1120 1150

ペリカンケース プロテクターケースの中で、最小ケースといえば1120

今回は、そのひとつ上のペリカンケース1150比較していきます

小さいケースには、そのケースなりの使い方があるんですが、やっぱり大きさ把握は重要です。

ペリカンケース 1120 Pelican case

ペリカンケース1120 と 1150

ペリカンケースのプロテクターケース、ハードケースの中で、マイクロケースなどを除くと、1120が一番小さなサイズとなります。

ペリカンケースを象徴するようなラッチ2つがあり、ウレタンフォームも上下に取り付けられる形。

小さなものを保護し持ち運ぶためには、しっかり過ぎるくらいしっかり作られています。

小さいほど、内寸のサイズにシビアになる必要があります。

ケース内の余裕が、ほとんどありません。

皆さん、どんな使い方をされているんでしょうね。

ペリカンケース 1120 スペック

Pelican(ペリカンケース) 1120 デザートタン フォーム付
Pelican(ペリカンケース) 1120

ペリカンケース 1120(カタログ表記)

内寸:18.5 x 12.1 x 8.5 cm

外寸:21.4 x 17.2 x 9.8 cm

ふた裏部分の深さ:1.3 cm

本体部分の深さ:6.5 cm

ふた裏から本体部分まで合わせた深さ:7.8 cm

フォーム付ケースの重量:0.6 kg

ケースのみの重量:0.6 kg

本体:ポリプロピレン

ラッチ:ポリプロピレン

O-リング:ポリマー

ピン:ステンレス

フォーム:ポリウレタン

パージボディ:ABS

パージベント:3ミクロン疎水性不織布

最小温度:-40°C

最大温度:99°C

ペリカンケース1120 と 1150 の比較

Pelican(ペリカンケース) 1150 デザートタン フォーム付
Pelican(ペリカンケース) 1150
ペリカンケース11201150
内寸18.5 x 12.1 x 8.5 cm21.1 x 14.7 x 9.5 cm
外寸21.4 x 17.2 x 9.8 cm24 x 19.8 x 10.9 cm
ふた裏の深さ1.3 cm1.9 cm
本体の深さ6.5 cm7.3 cm
合計の深さ7.8 cm9.2 cm
重量(フォーム付)0.6 kg0.8 kg
重量(ケースのみ)0.6 kg0.7 kg
浮力3.6 kg

ペリカンケース11201150 ともに、ラッチは細いタイプのものが使われています。

この細いタイプのラッチは、1300までの小型ケースに採用されています。

まず、1120を持った感覚では、やっぱり小さいですね。

コンパクトに作られていますが、造りはしっかりしているので、少し触っただけでも、衝撃などには強そうだな、という印象を持ちます。

手持ちハンドルには、ラバーは付いていません。

1150も同じです。

もちろん、Oリングによる高い防水性のほか、埃にも衝撃にも強い造りは、大きいケースと同じです。

今回も実測していきます。

まず、1120

Pelican(ペリカンケース) 1120 デザートタン フォームなし
Pelican(ペリカンケース) 1120 デザートタン

次に、1150 です。

Pelican(ペリカンケース) 1150 デザートタン フォームなし
Pelican(ペリカンケース) 1150

これら小さなサイズのケースであれば、カタログ表記数値とほぼ変わらない値になります。

これは、小さいので測りやすい、ことと、計測時、メジャーのたわみゆがみが少ないこと、ケースにRの部分が少ないこと、などがあげられるかと思います。

もちろん、1150のほうが、各サイズ大きくなっておりますが、重さも100~200g程度の差なので、持ち運びのしやすさに影響を及ぼすことはあまりありません。

おそらく、このサイズのペリカンケースをお考えの方は、収納するモノ、機材などがあった上で、購入検討されているんじゃないかな?と想像しております。

その収納予定のものに合わせて購入されて、まず問題ないでしょう。

大は小を兼ねる、で、大きめの1150を選択されても全く問題はありませんので、予算、カラー、在庫、納期などを考慮されてお選びいただけたら、と思います。

ウレタンフォームは3枚組になっています。

1120用、1150用ウレタンフォームは、大きさが違いますが、ともに同じ仕様です。

ふた裏用、メイン、底用の3枚セット

Pelican(ペリカンケース) 1151 交換用フォームセット 1150
Pelican(ペリカンケース) 1151 交換用フォームセット

メイン部分のウレタンフォームには、約1.0cm角の切れ込みが入っています。

Pelican(ペリカンケース) 1151 交換用フォームセット 1150_1

収納する機材に合わせて、ウレタンフォームをカットされて使用してください。

ウレタンフォームのカット方法は、以下の記事を参考にされてください。

1120 の バリエーション

ペリカンケース 1120 には、ケースのみ、ウレタンフォーム付のみです。

Pelican(ペリカンケース) 1120 ブラック フォームなし
Pelican(ペリカンケース) 1120 ブラック

1120NF No Foam

Pelican(ペリカンケース) 1120 ブラック フォーム付
Pelican(ペリカンケース) 1120 ブラック

1120WF With Foam

1120 の アクセサリー

ペリカンケース 1120 に取り付けられるアクセサリー各種も紹介しておきます。

クッション付きディバイダーはありませんので、ウレタンフォーム以外の、内部仕切り選択肢は、トレックパックディバイダーのみになります。

Pelican(ペリカンケース) 1120用 トレックパックディバイダーセット

1120TPKIT TrekPak Case Divider Kit

Pelican(ペリカンケース) 1121 交換用フォームセット 1120

1121 3 pc. Replacement Foam Set

Pelican(ペリカンケース)1123 交換用O型リング 1120 Oリング

1123 Replacement O-ring

Pelican(ペリカンケース) 1120PF パネルフレーム

1120PF Special Application Panel Frame

実際にどんなところで使われているのか?

個人的に使用されているところを見たのは、沖縄のダイビングショップでした。

ペリカンケースは、その防水性の高さから、よくマリンスポーツ関連でも使われています。

(というよりも、ペリカンのスタートはそっち方面)

シュノーケリングをガイドするスタッフの方が、カメラを入れて現場まで持ってきていました。

カメラはさらに防水ケースに入っていたんですが、ペリカンケースでさらに保護する形。

海水だけでなく、突然の雨などにも対応するためかと思います。

かなり使い込まれていました。

参考にされてください

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

コメント