【ペリカンケース 0370】キューブケース型のペリカンケースで一番大きなタイプ

ペリカンケース プロテクターキューブケース比較 0340 0350 0370 Pelican ペリカンケース
ペリカンケース プロテクターキューブケース比較 0340 0350 0370

キューブケース型シリーズ最大の0370。

3つのラインナップのうち、0370は一番大きいものになります。

重さも単体で18kg程度ありますので、機材入れるとなかなか大変です。

 

ペリカンケース 0370 プロテクターキューブケース

ペリカンケース 0370は、キューブタイプの大型ハードケース。縦横深さがほぼ同じサイズ。

 

 

1/29 追記

ヤマト便のいいところとして、”梱包不要”と記載しておりましたが、これは誤りでした。

<参考> ヤマト便 | ヤマト運輸

お詫びして訂正いたします。

 

 

ペリカンケース 0370 の特徴

 

ペリカンケース 0370 は、真四角の形のペリカンケースです。

キューブケースと呼ばれています。

 

キューブケースの中では最大のサイズ。

 

内寸で、61cm真四角

外寸で、67cm真四角

重量は、18.6kg (ウレタンフォーム付)

 

ひとりで持ち運ぶにはかなり大変です。

別売りの外付けキャスターを取りつけると、段差のない平地では問題ありませんが、いざ乗り越えなければいけない場合はたいへんです。

最低2人で持ち運ぶことがおすすめですね。

 

ウレタンフォームを入れただけの状態で18kg。

中に機材入れたら、すぐに30kgを超えてしまいます(収納機材にもよりますが)。

 

このあたりも購入前に検討すべき点ですね。

 

ウレタンフォームは、上蓋用が1枚、本体上部用が4枚、本体下部用2枚、底用1枚の7枚構成合計8枚構成になっています。

 

 

 

ペリカンケース 0370 のスペック

 

内寸(L×W×D) 61.0 x 61.0 x 61.0 cm

外寸(L×W×D) 67.3 x 67.3 x 64.1 cm

重量(ウレタンフォーム付): 18.6 kg

重量(ケースのみ): 14.5 kg

本体:ポリプロピレン

ラッチ:ABS

O-RING:ポリマー

ピン:ステンレス

フォーム:1.3ポンドポリウレタン

パージバルブボディ:ABS

最低温度:-40°C

最大温度:99°C

 

 

ペリカンケース0340 ペリカンケース 0350 との比較

 

キューブケースは3タイプあります。

小さい方から、ペリカンケース 0340 ペリカンケース 0350、一番大きなサイズのものが、今回ご説明しているペリカンケース 0370 になります。

 

ペリカンケース 0340 0350 0370
内寸 45.7 x 45.7 x 45.7 cm 50.8 x 50.8 x 50.8 cm 61.0 x 61.0 x 61.0 cm
外寸 52.1 x 52.1 x 48.9 cm 57.2 x 57.0 x 54.0 cm 67.3 x 67.3 x 64.1 cm
ふた裏の深さ 11.4 cm 12.7 cm 12.7 cm
本体の深さ 34.3 cm 38.1 cm 48.3 cm
合計の深さ 45.7 cm 50.8 cm 61.0 cm
重量(フォーム付) 13.5 kg 14.5 kg 18.6 kg
重量(ケースのみ) 10.9 kg 11.8 kg 14.5 kg
浮力 100 kg 122 kg 211 kg

 

おおまかには、大きくなるのは

0340 → 0350 三方向すべて プラス5cm

03500370 三方向すべて プラス10cm

 

 

ペリカンケース プロテクターキューブケース比較 0340 0350 0370

 

内部にどのようなものを収納するかにより異なってきますが、各方向 5cm程度あればクッション性も問題ないかな、と思います。

 

たとえば、0370の場合、縦横 5cmずつ余裕を見たとして、50cm程度まではOK。

上下も、ふた裏にあるウレタンや、底部クッションなどを考慮すると、50cm程度まではOKなのかな、と思われるので、50cm真四角くらいまでの機材だったら、問題なく収納できるかな、という感じです。

 

同じように考えると、 0340であれば、35cm真四角程度まで。

0350であれば、40cm真四角程度まで。

 

場合によっては、もう少し大きいものまで収納できるかと思いますが、機材保護を目的とする使い方であれば、無理しすぎるのは本筋から離れてしまう可能性があるのでご注意ください。

 

 

配送はできるのか?

 

例えば、現場が遠かったり、先にホテルに配送したかったりすることもあるかもしれません。

その場合、宅配便などで発送できるのか、サイズなどの点から見ていきたいと思います。

 

ヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックなど、宅配便サービスは多数ありますが、通常宅配便で最大サイズは、ゆうパック 170サイズ。

縦横高さ合計が170cm以内 25kg以下 のものまで送ることができます。

 

大きさを見ていくと、0370の外寸を足した合計は、198.7cm

残念ながら、大幅にオーバーしています。

 

ちなみに、0340は、153.1cm

0350は、168.2cm

 

0340は大丈夫そうですが、0350は、ギリギリ発送できる範囲ではあります。

頑丈なペリカンケースですので、受け取ってもらえるようでしたら、そのまま出してもいいのでしょうが、梱包用のラップなどで周囲を覆うような対応はした方がいいでしょうね。

 

0340、0350も、注意すべき点は、重さ25kg以下のほうもですね。

0340は、13.5kg(フォーム付)

0350は、14.5kg(フォーム付)

収納機材は10kg程度までとなります。

 

大きさが大きくなると、収納力もあがりますので、自然と重量が重くなっていきます。

たくさん入れたくなりますが、配送する場合は注意が必要ですね。

 

 

では、170サイズをオーバーする0370を配送したい時はどうしたらいいのでしょう?

ひとつは、ヤマト運輸のヤマト便が挙げられます。

 

ヤマト便は、1個当たり3辺合計が200cm、30Kgまでの荷物が発送できるサービスです。

0370は、外寸198.7cm。

ギリギリOKです。

 

ヤマト便のいい所は複数あるんですが、その中の2つ挙げるとしたら、

1.複数発送可能

2.集荷に来てくれる

 

機材を入れた0370を送ろうとした場合、そのまま渡せます。

0370以外でも、同じ場所に送る荷物があれば一緒に出すことができます。

指定場所への集荷依頼も可能ですので、持っていく必要もありません。

 

 

注意点としては、送料は高くなりがちです。

例えば、0370を、東京から大阪まで送ろうとした場合、5,000円くらいかかります。

また、配達日時指定ができませんので、受取り側の事前準備が必要です。

お届け日数も、通常の宅配便にプラス1日かかります。

 

このあたりを考慮して送るかどうかを判断することも必要になりますね。

 

 

ペリカンケース 0370 バリエーション

 

ペリカンケース 0370 には、ケースのみ、ウレタンフォーム付、パッド付ディバイダーの3つになります。

 

カラーは、ブラック、デザートタン、ODグリーンの3色です。

 

 

ペリカンケース 0370 用 アクセサリー

 

ペリカンケース 0370 には、ふた裏用のオーガナイザーも用意されています。

キューブケース用外付けキャスターもあります。

 

0370用のアクセサリーも一覧にしておきます。

 

Pelican ペリカンケース 0371 交換用フォームセット 0370用

 

Pelican ペリカンケース 0375 パッド入りディバイダーセットのみ 0370用

 

Pelican ペリカンケース 0373 交換用O型リング 0370用 1640用 Oリング

 

Pelican ペリカンケース 0379 リッドオーガナイザー 0370用 1640用

 

Pelican ペリカンケース 0357 キャスターホイールキット 0340用 0350用 0370用

 

 

ご参考にされてください

 

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

 

商品についてのお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました