【ベルレバッハ リポート 703】リポート三脚の中でも、コンパクト・シンプル機能の703。その特徴などを解説します。

ベルレバッハ リポート 703 Berlebach ベルレバッハ
ベルレバッハ リポート 703 木製三脚

ベルレバッハの木製三脚の中でも、コンパクトでシンプルな機材支持部を持つ703。

木製三脚の中でも最もコンパクトな三脚のひとつです。

ミニ三脚同様、こちらも入門用としては価格もお手頃です。

ベルレバッハ リポート 703

ベルレバッハ 703 特徴など

ベルレバッハの木製三脚の中でコンパクトでシンプルなリポート703

画像を用いて詳しく見ていきます。

ベルレバッハ リポート 703 概要

ベルレバッハ 木製三脚 リポート 703

固定された機材支持部をもつタイプのリポート三脚703は、シンプルな機能と確かな作りが魅力です。

0モジュールは、固定された機材サポート部を持つので、耐荷重は12 kg。

しっかりしていて揺れなどに強い作りになっています。

直接機材も置くことはできますが、基本的には固定されている機材支持部ですので、ボールヘッドなどを置いて使用するのがよいかと思います。

脚部は広げることができ、その角度は20°、40°、60°、80°及び100°まで広げることができます。

エレベーターがないので、かなり低くまで脚を広げても、地面につかえてしまう部分はありません。

ベルレバッハ リポート 703 開脚時

ベルレバッハ 木製三脚 リポート 703 モジュール

カメラ台までの最小高は4 cm 最高高は87 cm

最小高の際は、足をかなり広げた状態になりますので、周りに気を付けながら使用してください。

そのほかの特徴としては、7番シリーズはダブルレッグエクステンションというクランプを2つ使って脚を伸縮させる、3段三脚になります。

お好みの高さで、おのおのの脚を伸縮させながら、ネジを締めて固定します。

また、脚長の長さも測りましたので参考にされてください。

一番縮めた状態の脚長は、約47cmでした。

一番長くした状態の脚長は、約92cmでした。

そこから雲台を載せて機材を載せることになるでしょうから、そのあたりまで計算してください。

ヘッド支持部のネジは1/4ネジか3/8ネジを選ぶことができます。

カラーは6色で、基本のナチュラル それから ナッツブラウン、チタニウムグレー、グリーン、ブラック、カモフラージュ の計6色です。

ベルレバッハ 木製三脚 リポート 703 カラー

基本のナチュラル以外は追加料金がかかりますのでご注意ください。

カメラ機材専門ショップ
ズームフィックス

商品についてのお問い合わせ

【ベルレバッハ リポート 152】パン・チルトができるマウントの付いた、安定感のあるヘッド付リポート
ベルレバッハのリポートシリーズは、手軽に木製三脚を楽しめるシリーズ。バリエーションも多いため、自分に合ったものが見つかりやすいです。リポート 152 は、耐荷重5kg、開脚角度をワンタッチで決められるストップポジションシステムを持つ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました